西欧史(英仏伊西蘭など) 高校世界史

【世界史】古代ローマ史をマンガみたいに超速攻略!後編 パクス=ロマーナと東西分裂

この記事は約8分で読めます。

 

 

とうとう今回でローマ編も最終回

五賢帝から帝国の崩壊までの怒涛の展開を、

一気に攻略しちゃいましょう。

 

パクス=ロマーナ

 

五賢帝

ローマ帝国は繁栄し、

とくに五賢帝のときに絶頂期を迎え、

パクス=ロマーナ(ローマの平和)を実現します。

 

その五賢帝とは、

ネルウァ、②トラヤヌス、③ハドリアヌス

アントニウス=ピウス

マルクス=アウレリウス=アントニヌス

です。

 

マロ
マロ

とくに最後、長すぎにゃ

 

ヤマ
ヤマ

大丈夫!

5人まとめて50回位ずつ暗唱すれば

自然と覚えるよ。

 

ちなみにこの5人目の人、

 

大秦王安敦あんとん

っていう中国の漢王朝からの呼称もあるうえ、

 

文化史的功績も遺したため

「哲人皇帝」の異名もあるという、

 

受験世界史において呼称の文字数最大

実に受験生泣かせの人だから

しっかり覚えるんだよ⭐

  

トラヤヌス帝のときに領土は最大となります。

 

ヨーロッパ・アジア・アフリカの3大陸にまたがり、

あの広い地中海を内海としつつ、

ブリテン島(今のイギリス)やダキア(今のルーマニア)、

メソポタミアにまで及びました。

 

文化

 

言語

 

ローマ人は東方に普及していたギリシア語(準公用語)をもとに

ローマ字をつくり、帝国内にラテン語を公用語として普及させます。

 

ヤマ
ヤマ

ローマ帝国が普及させたラテン語は、

これ以降ヨーロッパの学術用語や宗教用語などとして使用され続けます。

 

 

また、特に傑出したローマの文化遺産といえば、

建築

実学です。

 

 

①については、近代法にまで影響している

ローマ法を遺します。

 

思えば、十二表法にはじまり、

古代のわりに多様な法がありましたね。

 

史上初めて法学を生んだのもローマです。

 

また当時としては先進的だったのは、

帝国内の(ラテン人のみならず)

全民族に共通万民法が意識されたことです。

 

この背景には、

帝国の拡大と普遍化、ローマ市民権の拡大、

ヘレニズムのコスモポリタニズムの影響

などがありました。

 

ヤマ
ヤマ

ギリシア人は哲学・文学・美術などの

高度な精神性を誇る文化を遺しましたが、

 

ローマは実用性重視で実学ばかりが発展し、

精神性の高い文化はギリシアを模倣したにすぎませんでした。

 

建築

 

ローマは土木建築も優れていました。

 

円形闘技場コロッセウムパンテオン(神殿)、

カラカラ浴場、コンスタンティヌス帝の凱旋門など

さまざまな壮大な公共建築が都市につくられ、

皇帝の権威を象徴しました。

 

またアッピア街道などのローマ道や

水道も帝国中で発達しました。

 

「ローマの平和」のなか、帝国中を網羅したローマ道をつうじて

人々はさかんに帝国中を行き来します。

 

これにより文化も入り交じり、

ギリシア・ローマの融合した都市風文化が広まりました。

 

 

また前回説明したとおり、

今日のグレゴリオ暦のほぼそのままの原型の

ユリウス暦も生みました。

 

経済

 

人の往来の活性化に影響されるのは、

文化だけではありません。

経済もさかんになります。

 

また帝国内のみならず、

アジア中の諸外国とも

季節風貿易隊商貿易をさかんに行いました。

 

また好景気のなかで、

軍団駐屯地にすぎなかった各地が

ウィーン・パリ・ロンドン

などのローマ風都市に成長しました。

 

帝国中に、

ラテン語・ローマ風都市・都市的文化

といった共通性が生まれていったのです。

今でいうグローバリズムですね。

 

3世紀の危機

 

マロ
マロ

ローマすごすぎにゃ

こりゃ1000年は安泰だにゃ

 

盛者必衰。

大帝国ローマにも暗雲が立ち込めます。

 

トラヤヌス帝(位98~117)は版図を最大にしましたが、

最大とは裏を返せば、限界ということです。

 

維持できる限界の領域を抱えた

ハドリアヌス帝(位117~138)は守勢にならざるを得ず、

 

メソポタミアなどを放棄したり、

ハドリアヌスの長城というドデカい壁を建設したりします。

 

この時とくにローマを苦しめたのは、

クラッススも戦死させたパルティア(前248~224)や

パルティアの後釜のササン朝ペルシア(224~651)、

そしてゲルマン人の侵入でした。

 

このほか、

疫病財政難といったお決まりの苦しみ方もします。

 

イケイケ時代の侵攻戦なら

土地も戦利品もガッポガッポ手に入りましたが、

 

今はしみったれた防衛戦ゆえ、

ほぼ何も得られずただ守るだけです。

戦費だけが膨らんでゆきました

 

こうしてローマは3世紀には混乱期をむかえ(「3世紀の危機」)、

 

セプティミウス=セウェルス帝(位193~211)は経済統制と軍拡を、

 

カラカラ帝(位211~217)は

帝国内の全自由民(つまり奴隷以外)にローマ市民権を与え、

安定化を図りました。

 

マロ
マロ

どうもピントのズレた対策だにゃ

 

案の定事態は解決せず、

長々ネームおじさん・マルクス=アウレリウス=アントニヌスの没後、

帝位争奪戦は激化し

 

混乱にともない軍事力(腕っぷし✊)が偏重されるなか、

3世紀半ばからは軍団ごとに皇帝を乱立させる

軍人皇帝の時代をむかえます。

 

ウァレリアヌス帝にいたっては、

ササン朝ペルシアのシャープール1世に敗れて

捕虜となる有様でした。

 

マロ
マロ

ローマ皇帝・・堕ちたにゃ

 

専制君主政

 

しかし、さすがはローマ。

こんなものでは滅びません

 

ディオクレティアヌス帝(位284~305)

 

皇帝の神格化中央集権化により帝国を安定させたのが、

ディオクレティアヌス帝👨です。

 

👨「皇帝は神!それ以外は臣民として跪けぃ!」(皇帝の神格化)

(このためキリスト教は大迫害

 

👨「行政区分も税制も物価も地方行政もすべてコントロールじゃ!」(中央集権化)

オリエントの専制君主のように振舞います。

  

以後ローマは専制君主政(ドミナートゥス)となります。

 

また👨は、

広ーーーーーい帝国を効率的に統治するため、

正帝・副帝を2人ずつ置く

四分統治制(テトラルキア)

を採用しました。

 

コンスタンティヌス帝(306~337)

 

後継のコンスタンティヌス帝

さっそくテトラルキアをやめて独裁となります。

 

またまた先帝に逆らい

ミラノ勅令によりキリスト教を公認しました。

 

すっかり広がっていたキリスト教を、

ガタつく帝国をむすぶ精神的支柱として利用したのです。

 

彼は徹底していて、

伝統宗教の残る(上にすでに名目的首都の)ローマからの

遷都までしてしまいます。

 

彼は海の要衝ビザンティオンに目をつけ、

キリスト教的新都として、自分の名を冠した

コンスタンティノープルへと遷都しました。

 

この西→東への遷都で、

帝国の東西分離の傾向は強まります。

 

また、ローマは今となってはすっかり

専制君主がガチガチに国民を縛る国家です。

 

農業小作人(コロヌスは法的に土地に縛られるなど、

自由のない固定化した社会になってしまいました。

 

戦争奴隷が手に入りづらくなったことで、

その代わりの労働力にさせられたのです。

 

帝国崩壊

 

4世紀後半には、

 

ササン朝の侵攻にともないユリアヌス帝が戦死したり、

ゲルマン人の大移動が起きたり、

帝国各地で反乱が続発したりと、

 

ボロッボロのボロッボロになります。

 

こうしたなか、

テオドシウス帝(位379~395)は

死に際して、帝国を東西に分割して2子に継承させました。

 

以後帝国は2度と統一されず、

東西分裂は決定づけられました。

 

こうして西・東は別々の道を歩みます。

 

西ローマ帝国(395~476)

 

西ローマ帝国はあっという間に滅んでしまいます。

 

大挙して押しかけるゲルマン人に対し、

ローマ帝国は元来、

平和的に移住させて労働力としたり、

傭兵として利用したりしていましたが、

 

そのゲルマン人傭兵隊長オドアケルによって、

西ローマ帝国は滅ぼされてしまいました(476)。

 

東ローマ帝国(395~1453)

 

全く違う歴史をたどったのが、

東ローマ帝国です。

 

こちらはゲルマン人の侵入をあまり受けることがなく

都コンスタンティノープルを中心に繁栄し

1000年以上続きます。

 

 

 

さて、おつかれさまでした。

これにて古代ローマ史は攻略完了です。

 

さあ、つづけてどんどん他国史も攻略しちゃいましょう!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました