西欧史(英仏伊西蘭など) 高校世界史

【世界史】フランス史をマンガみたいに超速攻略!③百年戦争編

この記事は約6分で読めます。

 

 

さあ今回は中世ヨーロッパ屈指の大戦争

英仏百年戦争(1339~1453)を攻略しましょう。

 

前期百年戦争

 

背景

 

まず押さえてほしいことがあります。

 

それは、今でこそ英仏は海を隔てた国ですが、

中世においては、

イングランド王が現在のフランスに広大な領土をもっていた

ということです。

 

最盛期にはなんとフランスの西半分

領有していました。

 

マロ
マロ

マロは前回学んだにゃ

イギリスは失地王ジョンのせいで

この大半を失ったんだにゃ

 

とはいえイギリスはその後もギュイエンヌを確保し、

フランスの首根っこをつかみながら、

常に虎視眈々とフランス支配をもくろんでいたのです。

 

こうしたなか特に激しかった対立が、

前回のフィリップ4世✨の節でも話した、

 

イギリスと関係が深く、

毛織物産業が盛んなことで豊かでもある

フランドル(フランス北部)の支配を巡る対立

でした。

 

契機

 

そんな折、フランスでは、

断絶したカペー王家にかわり、

フィリップ6世ヴァロワ朝(1328~1589)をはじめます。

 

かねてからフランスは、

目の上のたんこぶのイギリスを

大陸から締め出したいと思っていましたが、

 

このころちょうどイギリスのエドワード3世

スコットランドとの争いに夢中でした。

 

そのスキをつこうとフィリップ6世は

ギュイエンヌの没収を宣言します。

 

これに対しエドワード3世は

フィリップ6世即位時にも主張していた

自身のフランス王位継承権を再び主張し、

さらにフランスに侵攻します。

 

こうして勃発したのが、

百年戦争(1339~1453)です。

 

マロ
マロ

ちょっと待ってにゃ!

イギリス王がフランス王位継承権を主張‥!?

つまり・・どういうことだにゃ・・?

 

ヤマ
ヤマ

そもそも当時のイギリスは

実はフランス人王朝だったのです。

 

というのも、プランタジネット朝イギリス(1154~1399)は

フランスに割拠するアンジュー伯

ヘンリ2世と称して始めたものなのです。

 

その子孫としてエドワード3世

フランスの伯を兼務していたのです。

 

一方フィリップ6世ヴァロワ伯として

王位を継承したにすぎません。

 

こうしてエドワード3世も、

フィリップ6世即位時にも

自身の王位継承権を主張していました。

(しかしこのときは取引により撤回)

 

つまり、

イギリス国VSフランス国というよりは、

フランス諸侯同士の争い

といったほうが適切なのです。

 

そもそも「国家」という概念自体、

はっきりと意識されるようになったのは

近代になってからでした。

 

マロ
マロ

なるほど

「イギリス国」が「外国」のフランスに侵略していった

という構図ではなく、

 

フランスの伯フランス伯領イギリスVS残りのフランス

という

フランス同士の戦いってことだにゃ

 

展開

 

戦場はつねにフランス🥖でした。

 

そしてつねにイギリスが優勢でした。

 

クレシーの戦い(1346)でもイギリスが勝ち、

 

とくにエドワード3世の長男にして戦争の天才

イギリスのエドワード黒太子が大活躍し、

ポワティエの戦いでついに

フランス王ジャン2世を捕らえました。

 

さらにフランスに追い打ちをかけたのが、

ペストの大流行(1347~48)でした。

 

こうしたなかフランスでは、

パリ市民の反乱にくわえ、

荒廃と重税とに苦しむ農民・手工業者の反乱(ジャックリーの乱

が1358年に続発しました。

 

ただこの大ピンチに出現したのが

 

マロ
マロ

マロに言わせるにゃ!!

ジャンヌ=ダルクだにゃ

 

いや、それはまだ先のこと。

 

フランスを救ったのは、

囚われの王にかわり民を率いた

王子シャルルです。

 

シャルルは大大大奮闘し、形勢を大逆転させ、

ついにフランス王を奪還します。

 

のちシャルル5世として即位し、

なんと失地の大半を回復して

「賢王」と称えられます。

 

一方イギリスでは、

戦費調達のための徴税に対する反乱

ワット=タイラーの乱

ワット=タイラーやジョン=ボールの指揮下、勃発します。

 

後期百年戦争

 

休戦

 

しばらくのあいだ

イギリス・フランスとも内紛で忙しくなり、

しばしの休戦状態となります。

 

その間、イギリスではリチャード2世が追放され、

ヘンリ4世ランカスター朝(1399~1461)

が取って代りました。

  

再開

 

先に内紛をおさめたイギリスのヘンリ5世は、

内乱中のフランスに侵攻します(1415)。

 

フランスはアザンクールでボロ負けし、

ついにヘンリ6世英仏両国の国王に即位します(1422)。

 

彼はフランス南部に残るヴァロワ家領にも侵攻し、

要衝のオルレアンを包囲しました(1429)。

 

打破

 

ここで彗星のごとく現れたのが、

あのジャンヌ=ダルクなのです。

 

「神の声を聴いた」という彼女の活躍により、

オルレアンは解放され、

フランス軍は一気に北上します。

 

その勢いでヴァロワ家

再びの仏王位継承を宣言しました(シャルル7世)。

 

その後まもなくジャンヌ=ダルクは

イギリスに捕縛・処刑されてしまうのですが、

 

シャルル7世(位1422~61)は

首都パリやギュイエンヌをつぎつぎと奪還し、

ついにカレー🍛以外の全国土からイギリスを駆逐しました。

 

こうして1453年、

長きにわたる百年戦争は終結したのでした。

 

ヤマ
ヤマ

奇しくもこの1453年は

あのビザンツ帝国の滅亡年でもあります。

 

そうしたことから、この1453年

中世と近世との境目とされることもあります。

 

それぞれ

 

フランスのシャルル7世は

官僚制・常備軍(ともに王の手先)をととのえつつ、

 

大商人ジャック=クール上層市民を利用して

諸侯を抑圧し、王権を強化します。

 

こうしてフランスは

中世の分権的・封建社会から、

近世の集権的・絶対王政へと移行してゆくのです。

 

一方イギリスは、

百年戦争終結直後から

王位継承をめぐる大内乱のバラ戦争がおこります。

 

くわしくはイギリス史を確認してください。

 

次号、フランス史④宗教戦争とブルボン朝の太陽王編

コメント

タイトルとURLをコピーしました