東アジア・中央アジア史 高校世界史

【世界史】中国史をマンガみたいに超速攻略!中国史⑧(明編①)

この記事は約6分で読めます。

 

 

今回は、

「聖賢・豪傑・盗賊」の三面をあわせ持つ

アメリカンドリーマー朱元璋による、

 

久々の漢族による中国統一王朝編です。

 

マロ
マロ

大した肩書きだにゃ・・

 

明(1368~1644)

 

朱元璋は貧農でしたが、

紅巾の乱のなかで成り上がり、

なんやかんやで大穀倉地帯の江南を手にいれます。

 

それによる経済力💰を武器にどんどんどんどん勢力拡大し、

ついに洪武帝として

(都:金陵)をたてるまでに成り上がります。

 

まさにアメリカンドリーム。中国ですけど。

 

貧賤の身から一代で皇帝になったのは、長い中国史上でも、

彼と、あの前漢の劉邦(高祖)だけ。

豊臣秀吉もびっくりですね。

 

洪武帝は超大型巨人の元を駆逐して、

モンゴル高原に追いやり(北元)、

約250年ぶりに漢族による中国統一を成し遂げますが、

 

明は江南を根拠地に中国統一をした唯一の王朝です。

それだけ江南がリッチになったということでもあります。

 

三国時代の魏・蜀・呉のころには、

華北をおさえた魏が圧倒的でしたのに。

 

ちなみに洪武帝は北元も滅ぼしました。

 

ヤマ
ヤマ

厳密には、

「〇〇帝」という名前は死後におくられる称号です。

 日本の天皇もそうですね。

 

ちなみに今の「一君主につき一元号」という

「一世一元の制」を始めたのは洪武帝です。

 

洪武帝の時代(1368~98)

 

ひさびさの漢族王朝だ!という民族意識を利用して、

宋をもしのぐ君主独裁体制をつくり、

 

①官②民③軍

すべてを徹底的にコントロールしようとします。

 

①官

 

実務を行っていた六部(吏・戸・礼・兵・刑・工)を

皇帝直属にするため、

 

これまで六部をコントロールしていた

中書省とその長官(丞相)を廃止しました。

 

また、皇帝の手足として

不正をチェックする組織(監察機関)として、

皇帝直属の都察院をおきました。

 

さらに朱子学(「上に従え!」理論)を官学としたり、

 

あの唐からずっと続いていた律を自己流にアレンジして

明律・明令を新たにつくります。

 

②民

 

民衆は、きちんと💰を巻きあげるために(財政基盤の確保)、

きちんと把握し、きちんと教育しておく必要があります。

 

そこで洪武帝は、

まず全国規模の人口調査をして、

それをもとに里甲制🐢をはじめます。

 

これがまた良くできたシステム

 

里甲をつうじて村の自治をさせて

徴税・治安維持をまかせるというもので、

 

ちゃんとした徴税には必要だけど、

広ーーい中国でつくるのは大変・・・である

租税台帳の賦役黄冊・土地台帳の魚鱗図冊🐟も、

現地の里甲に10年ごとにつくらせます。

 

つまり、村を行政の末端組織として利用したのです。

国のかわりに村自身が村を治めてくれるという

ラクちんシステムです。

 

また村の人格者を「里老人」👴として、

「六諭」という儒教(「上に従え!理論」)的な

6つの公式スローガンをつうじて、

里老人に民衆を教化させました。

 

こうして国内を徹底コントロールしたうえで、

外国に対しては、

 

海外渡航禁止②民間貿易制限③朝貢貿易以外の対外貿易禁止の

三拍子そろった海禁政策をとります。

 

③軍

 

軍事コントロールのためにも

皇帝直属の五軍都督府をおきました。

 

ヤマ
ヤマ

行政の六部、軍事の五軍都督府、監察の都察院

バラバラにおくことで、

 

行政・軍事・監察の三権を分立させた

という意味もあります。

(ただしすべて皇帝直属

 

こうした中央組織のほか、

地方に対しても皇帝直属のもとで3組織をつくり、

三権分立としました。

  

 

マロ
マロ

皇帝直属のもと分立させることで、

(皇帝以外の)なにかが力を持ちすぎないようにすると。

 

独裁にはピッタリの大したシステムだにゃ・・

 

 

また軍人は軍戸として、

民間人(民戸)とは別に世襲させつつ、

 

兵農一致(兵士が自給自足する)の府兵制をもとに

衛所制をおこないました。

 

マロ
マロ

民戸はほぼ兵役をせずに済んだんだにゃ

よかったにゃ

 

建文帝の時代(1398~1402)

 

洪武帝は男子だけで26人もの子がいる

スーパービッグダディでした。

 

息子たちは、ごく一部の例外をのぞき、

(君主独裁ですから)実権のない王として、

各地に配置されました。

 

ヤマ
ヤマ

この例外とは、

北のモンゴル対策のために軍事権をもっていた、

北平の燕王などのことです。

 

超大型巨人はしぶといのです。

 

2代目として即位した建文帝は、

側近の意見により、

これら諸王を抑圧しました。

 

すると、

そのごく一部の例外であった北平燕王朱棣しゅてい

クーデタをおこされます。

 

この、

「君側の奸をのぞいて帝室のんず」

(悪しき側近に騙されている皇帝を救うぞ!というタテマエ

 

というスローガンを掲げた靖難の役により、

朱棣が永楽帝として即位します。

 

永楽帝の時代(1402~1424)

 

永楽帝は独裁をすこし緩めます

 

まず宦官を重用し、また

皇帝の顧問として内閣大学士をおきました。

 

そして、しぶとい超大型巨人モンゴル対策として、

 

自分の本拠地の北平北京と改称しつつ、ここに遷都したり、

旧都金陵南京と改称しました)

 

江南~北京の大運河万里の長城を整えたりします。

 

 

外国にもバンバン進出します。

 

まず、超大型巨人の地モンゴル高原に親征し、

北元の滅亡と靖難の役のスキに台頭した

タタールオイラトを撃退します。

 

ベトナムも滅亡のスキに一時支配します。

 

征服以外の目的でも進出しました。

 

東南アジア諸国に対し、

明の威勢を示して朝貢をうながすため、

鄭和ていわ南海遠征をさせます。

 

明の朝貢世界

 

明は、

中華思想(「オレタチが世界の中心ダ!その他は野蛮人😤」という思想)

のもと、

 

「中国以外の国は属国として中国様に貢物をしろ、

徳の高い中国皇帝様はたくさんのお返しをしてやるからな😤」

 

という独特な形式の貿易(朝貢貿易)を

 

中山王尚氏の琉球マラッカ王国

室町幕府の日本黎朝のベトナム(大越)

などいろんな国とおこないました。

 

とくに琉球は東シナ海と南シナ海とを結ぶ交易の要として、

マラッカはインド洋と東南アジアとを結ぶ交易の要として、

おおいに栄えます。

 

 

しかし、このイケイケ明帝国でも、

徐々に崩壊の足音が聞こえ始めます・・・

 

 

次号、絶体絶命・・!!明編②

コメント

タイトルとURLをコピーしました